ボルシェビキ・レボリューション 1/8

The Bolshevik Revolution: DARKNESS DESCENDS

English Text : Extracted fm “Asha Logos” YouTube Video へた和訳 by 2c34

1700年代後半、モダンな気を散らす物事から逃れて、平和に礼拝をし、簡単な暮らしができる、教育と社会のことも自治可能な自由の新しい郷里を望んでいるプロイセン出自のドイツ人たちは、ロシアのエカチェリーナ女帝と契約を締結しました。

契約は簡単だった:土地を咲かせ、農業技術を周囲のロシア人に教え、そして、戦争が勃発しても、彼らはヨーロッパ人同士との戦いに徴兵されることを、これによって免除する。さらに、各々の居留地で自分たちの都合に合わせる社会構造を組織することが許すこと。

契約した何千人は、新生活のために自分たちの持ち物すべて売り飛ばして、東に向かって移住を始めました。ほとんどが黒海北岸部地域ノヴォロシア【=新しいロシア】のヴォルガ川沿いに定住した。珍しいことに、ロシアからの財政援助さえ拒否して、こんな移住することができた人数は少なからず。

主にメノー派と再洗礼派に属するこれらのドイツ人は、最も難い土壌でさえ、大きな収穫を生み出すことができることで有名になり始めました。彼らは土地を耕して神に捧げる静かな生活を送ること以外の要求はないゆえ、模範市民として知られるようになった。

大部の授けられた土地は非常に質の低い、確かに艱難辛苦であったが、びくともしない、信念、才能、そして力強い労働倫理に導かれて、土地は徐々協力するようになっていく。努力のすえ、これらのコミュニティは真の自由、安全、調和を達して深く感謝の日々を送っていました。

いっぽう、サンクトペテルブルクで…1894年に、ロシア皇帝アレクサンドル3世は重症になった。計り知れない強さと率直な態度で知られているこの髭濃い御方は、国際的な悪巧みを避けて、不必要な戦争に引き込まれることのないように努力していたため敬愛され「ピースメーカー」として知られていました。

間もなく、彼は49歳で死にました、まだ究極の役目を勤むことに覚悟がなかったし、期待もしていなかった26歳の長男ニコラスに皇位を残した。由緒ある「ツァー」というロシア皇位は今回の継承で終焉になろうとは、あの時、誰も想像できなかった、であろう。

それにしても、暫くの間、ニコラスは幸福を見つけていた。彼は子供の頃から知っていた心の友とも言える一生の最愛ドイツ・ヘッセン大公国のアリックス王女と結婚した。強い意志を持つ彼女はビクトリア女王の孫娘。よかれあしかれ、彼女は最後までニコラスのそばにいました。

両陛下の関係は、はやばやに誕生した四人の王女、オリガ、タチアナ、マリア、アナスタシアに恵まれ、この上に幸せでした。にもかかわらず、皇太子欠如に関しての心配が始まりました。

これらの心配事は1904年にアレクセイの誕生で一旦解消した、それは、アレクセイは遺伝による生まれつきの「血友病」患者で、血液が適切に凝固する能力を欠損して、成人するまで生きるとは思われませんでした。この事情は、まさに一連の壊滅的な不幸を始めた悪い知らせにも言えるでした。

ビギニング ← | → ぜにパワー

www.000webhost.com