最後のサムライs

Jules Brunet and the Last Samurais

以下は、この《最後のサムライの真実》動画の字幕の日本語転換。歴史は概して1パー真実プラス49点5パーうそプラス49点5パー歪曲 の でっち上げ物語。それは神話に程近いもの。と、このわたしは思います。だから、全ては思想に参考の価値はあるが、人々の穏やかな普通の生活に、害でもなれる呪縛。

(ナポレオン三世への手紙)ジュール・ブリュネ:   
「革命が勃発、顧問団は仏蘭西に戻らなければならない。
 情勢一変だが、私は残ります、仏蘭西に好意的な北方の
 軍勢と共に、ひとりでも私は顧問団が成し遂げた業績を
 続けたいと存じます。 すぐ、反攻は起こります、北の
 大名たちは、私を、彼らの仲間として認めている。」 

ジュール・ブリュネは1838年に、ベルフォール(仏蘭西フランスの東部)で生まれました。1857年に、彼はエコール理工教育/研究院を砲兵専門卒業した。

1862から六年間、彼はナポレオン三世が派遣した仏蘭西の墨西哥メキシコ介入軍の一員、並外れの武勇とされ、レジオンドヌール勲章をもらいました。

1867年初めに、彼は最初の仏蘭西軍事顧問団の一人として横浜に着く、彼の任務は幕府将軍・徳川慶喜に属する精鋭戦隊を編成すること。ブリュネは間も無く、まさに日本文化と伝統に魅了され。

それは政治紛争の時期でもあった。1868年初頭、明治天皇は、六百年以来幕府による治世を正式に取り戻そうとしている。天皇を支持する藩は多いありましても、将軍は権力を返上することを拒む。

すると「戊辰戦争」は始めます。一方は開国とする新政府軍、もう一方は鎖国続行とする幕府軍。新政府軍は江戸に近づいていて、仏蘭西大使レオン・ロッシュは防衛計画を立てる。が、将軍は最後の瞬間に、その計画を破棄とし。

1868年三月廿九日、幕府軍は甲州勝沼の大敗で、江戸城は囲まれ慶喜は降伏する。幕府海軍の指揮官・榎本武揚は、ブリュネの生徒たちを含んだ敗戦を認めない一部の幕府軍を率いて北方へ退却する。1868年九月三日、明治天皇の首都とされる江戸は東京と名を改めた。

Image source: hollywoodreporter.com

この度の闘争に対して、ナポレオン三世は顧問団に帰国の令を発して【英仏ともに】厳正中立の立場をとる覚書を幕府軍側に送る。にしても、ブリュネと他四人の仏蘭西顧問は、仏蘭西軍を辞め、生徒たちと共にする道を選ぶ。彼らは反攻を期して、榎本と合流する。

ブリュネ率いた幕府軍は五稜郭を包囲して、地元の勤皇勢力からそのヴォーバン風の稜堡を押し取って、新政府に反旗を翻すの拠点とする。【ヴォーバン:仏蘭西貴族(16世紀後半)要塞築城名人】

ブリュネは精鋭戦隊を統率して、全ての敵対勢力を潰し、北海道を制覇する。そして、1868年十二月十五日、投票で榎本武揚は総裁になった【名は兎も角、事実上の】蝦夷共和国は成立。その冬、ブリュネは共和国の防衛力を新政府軍の襲来に備えるよう強化する。人数三千の蝦夷軍勢は日仏共同統率の体制で、元仏蘭西軍人(フォルタン、マルラン、カズヌーヴ、ブッフィエ)を指揮官としての四個旅団から構成した。

1869年三月、新政府の万人に及ぶ軍勢は北海道に上陸し、ブリュネと彼の軍隊は壮絶な抗戦を始める。やがて、蝦夷軍は五月後半の函館戦争で圧倒され。降参する五稜郭内の八百人の目の前には八千人の新政府軍。それは600年来存続してきた幕府体制の終焉。これからは明治時代。

それはブリュネの日本冒険の終焉でもある、彼は仏蘭西の砲艦コチェルゴン号で函館を脱出し。帰国した彼は裁判にかけることもなく、大きな人気を集める。すぐに軍に復帰し、最終は陸軍少将の階級で退役。

 ブリュネがとった行動は明治時代にも続き日仏協力の支障に
なることはなかった。もう二つ軍事現代化の事業を続く顧問団は
1872年と1884年に、日本へ派遣した。

 1886年から、技術者ルイ=エミール・ベルタンは
日本最初の近代海軍の建設を担当する。ベルタンは天皇の
親しい友人にもなって、流暢な日本語で陛下と会話をする。

 さらに1919年、仏蘭西の技術顧問団は
日本最初の航空部隊の創設を統監する。

今のフランスには、ジュール・ブリュネのことを、ほとんどの人々は知らないが、日本人は彼のことを、この最後のサムライたちと一緒に戦ってきた仏蘭西人戦士さむらいを覚えている。

ジュール・ブリュネ・・・1838〜1911

Piano by Patrik Pietschmann

www.000webhost.com